デパスの作用時間の違い

images-2
デパスなどの抗不安薬には様々な種類があり、それぞれ抗不安作用や作用時間が変化していきます。デパスは数ある抗不安薬の中でも、抗不安薬は強い部類に入ります。
そのため、自分の症状に合わせた抗不安薬を選ばなければなりません。
ここでは、抗不安薬の抗不安作用や作用時間を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

抗不安作用と作用時間

・グランダキシン
作用時間:1時間未満
抗不安作用:*
・リーゼ
作用時間:約6時間
抗不安作用:*
・デパス
作用時間:約6時間
抗不安作用:***
・ソラナックス/コンスタン
作用時間:約14時間
抗不安作用:**
・ワイパックス
作用時間:約12時間
抗不安作用:***
・レキソタン/セニラン
作用時間:約20時間
抗不安作用:***
・セパゾン
作用時間:11–21時間
抗不安作用:**
・セレナール
作用時間:約56時間
抗不安作用:*
・バランス/コントール
作用時間:10–24時間
抗不安作用:*
・セルシン/ホリゾン
作用時間:約50時間
抗不安作用:**
・リボトリール/ランドセン
作用時間:約27時間
抗不安作用:***
・メイラックス
作用時間:60–200時間
抗不安作用:**
・レスタス
作用時間:約190時間
抗不安作用:***

デパスはこれらの抗不安薬の中でも、不安を拭う作用が強いことがわかります。
ただし、これらのデータはあくまでも目安なので、参考程度に確認しておきましょう。

デパスが使われる疾患

デパスは、様々な疾患における不安や緊張、睡眠障害に対しての適応を持っています。
そのうえ、整形外科的疾患にたいする筋緊張の緩和にも効果的です。
正常な人にも緊張や不安はあるのですが、正常範囲内での不安・緊張などにはデパスを用いることはできません。
正常範囲にの不安などにも、抗不安薬の効果は認められますが健常者に使っても副作用のデメリットの方が大きくなってしまいます。
そのため、医師が抗不安薬による治療が必要だと判断した場合のみ、デパスなどが処方されます。

まとめ

デパスは、他の抗不安薬の中でも抗不安作用が強く依存性の高い薬とも言えます。
効き目が強いことから、服用量も多くなりがちで副作用も出てきてしまいます。
そのため、最初は副作用が軽いもの抗不安薬を試してから、効き目が十分ではなかった時にデパスの服用を検討するのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする