デパスのメカニズム

images-1
デパスは、ベンゾジアゼピン系と呼ばれるカテゴリのお薬の一つで、「抗不安作用」「筋弛緩作用」「催眠作用」「抗けいれん作用」などがあります。
デパスはこれらの効果の中で、抗不安作用・筋弛緩作用が強いため、不安を改善させてくれたり、身体をリラックスさせることに役に立てる薬です。
今回は、デパスが体に与える影響や特徴について見ていきましょう。

デパスの特徴

デパスは抗不安作用の他に、筋弛緩作用が強いため、筋肉の緊張からくる肩こりなどを改善し、精神科のみならず整形外科などでも非常に役に立ちます。
しかし、これは市の筋肉が緩んでふらつきやすくするということでもあり、高齢者にとってはデパスの服用は注意しましょう。
また、抗不安作用も強いため、デパスの効果を感じやすく、薬に頼りすぎてしまう依存状態になりやすいということでもあります。
デパスは、非常に使いやすく効果も強いため、依存状態などの副作用に注意して服用しなければならないでしょう。

デパスの悪い特徴

デパスは効果が強く、あまり副作用がないため非常に使いやすい薬です。
しかし、それでも副作用には注意が必要です。
デパスは効果をしっかりと感じられるため、デパスによる副作用というよりも薬に頼ってしまうことが注意しなければならない点です。
それに伴い、デパスを服用する量が徐々に増加していき、あまりでない副作用などの害が体に現れ始めます。
そのため、デパスを服用する際は医師の指導のもと、用法・容量を守って服用するようにしましょう。

まとめ

デパスは効果が強く、副作用があまり見られない非常に使いやすい抗不安薬です。
しかし、それだけ依存性の高い薬とも言えます。
そのため、自然とデパスの服用量が増加していき、あまり出ない副作用も徐々に現れ始め、体に害を影響を与える薬になってしまいます。
精神科のみならず様々な分野で応用されるデパスは、医師の指導のもと用法・容量を守って服用しなければなりません。
デパスを服用している方は、ぜひ参考にして注意して服用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする