デパスとは

download
デパスとは、気分をリラックスさせて緊張感や不安を和らげ、寝つきを良くする薬です。
不眠やづ痛などの心身の様々な症状に商法される薬で、精神科のみならず内科や整形外科でも処方され、同じ系統の薬の中ではもっとも使用頻度の高い薬でしょう。
デパスは同系統の薬の中でも、作用が強い薬のため副作用や依存症などのリスクの注意が必要な薬でもあります。
そのため、症状を改善していくためにデパスを継続的に服用していく中での中点や、副作用の対処法などについて見ていきます。

デパスの効能について

デパスは、おだやかな作用の心の安定薬です。
不安や緊張感を和らげ、気持ちを落ち着かせてくれます。
神経症やうつ病などの精神的な不具合には、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。
心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心と体の病気です。
また、女性では生理不順を起こしたりします。
実際の処方例として、心身症や不安神経症の他にパニック障害などの心の病気を中心に、自律神経失調症、うつ病、不眠症などのよく処方されています。
さらに、筋肉を弛緩させる作用があるので、腰痛症や方孤影などにも応用されることも多いです。
デパスは、副作用が少なく安全性も高いのでの、各診療科で幅広い病気に応用されています。

デパスの副作用について

デパスは安全性が非常に高く、強い副作用はほとんどありません。
比較的見られる症状として、眠気やふらつき、倦怠感、脱力感などの症状が認められます。
重い症状ではないので、そこまで心配をしなくても大丈夫ですが、車の運転や体に負担をかけるような作業は避けたほうが良いでしょう。

安全な服用方法

デパスの安全な服用方法として、医師の指導のもと用法容量を守って服用するようにしましょう。
また、一部の緑内障では、デパスの効用によって眼圧が上がってしまうので、デパスを服用することはできません。
さらに、アルコールとの相性も良くないため、デパス服用中はアルコールを控えるようにしましょう。

入手方法

デパスを入手する方法は、医師に処方してもらうしかありません。
市販や通販では、デパスと同じ効果・効き目があるデパスの代わりとなる薬を購入することができます。
そのため、デパスが手に入らないからといって落胆するのではなく、デパスの代わりとなる薬を探しましょう。

>>デパスを通販で入手するならこちら

まとめ

デパスは非常に安全性が高く、副作用の少ない精神安定役です。
応用の効きやすい薬でもあり、精神科のみならず外科や内科、整形外科などにもよく使われています。
現在では、医師が処方してくれる以外の入手方法はありませんが、市販や通販でデパスと同じ効果が出る薬があるので、うまく活用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする